2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.11.14 (Thu)

ご無沙汰です

b.jpg


すっかり初冬の勢い!
大変ご無沙汰しております。

Hさん、遠方からお越しくださり、ありがとうございました。
おかげでこちらも復活?(^_^;)


夏に6年ぶりくらいに単独山行しました。福井の荒島岳。
それから、懐かしい単独行がポロポロ。

このブログを始めた頃は独りが多かったな~と、懐かしく思い出しました。


今年行った山は…
五竜(チビと)、焼岳、西穂、錫杖岳、苗場に八海山・・・いろいろ?

懐かしバージョンの山が多かったです。

特に樅沢岳。
数年ぶりに鷲羽をまじかに見て感動。


季節はあっという間に晩秋。



初冬の西穂高と焼岳予定してます。
どうなるか。



写真は初秋の錫杖岳。AさんとKさん。
一般ルートで結構バリエーション。
槍穂は勿論、360度の絶景でした。






スポンサーサイト
23:29  |  ::: 山系  |  コメント(3)

2013.02.18 (Mon)

北陸雪崩講習会2013


▲鍬崎山(くわさきやま):飛騨山脈(北アルプス)立山連峰にある標高2,090mの山


今年はかなりかなり背伸~びして、セルフレスキューコースを受講。

ALL知ってる面々。
めちゃくちゃ楽しかったです。

来年もできれば参加したいです。


講習の写真は全く撮らず。(^_^;)



22:41  |  ::: 山系  |  コメント(1)

2012.11.25 (Sun)

▲西穂高独標2012

西穂独標


西穂独標へ行ってきました。

2012年11月23日(祝)
ママ二人
小雪~曇り

西穂高口(9:15)-(10:30)西穂山荘(11:00)-丸山(11:30)-独標(12:50)
独標(13:00)-(14:00)-西穂山荘(15:00)-西穂高口(15:40)




小屋までは人も数名。
小屋からは誰も登っていなかったのでトレースなし。
最初だけ少々ラッセルしましたが、直ぐに雪がしまってきてホッとしました。

稜線は視界はありましたが、やはり強風。
身体が飛騨側からつきあげる強風に持っていかれそうで、時折ふらつきました。
とは言え、そう吹雪かれることもなく昨年に比べ暖かったです。
小屋が0度でしたので、稜線はそれよりちょっと低いくらいでしょうか?
寒がりの私ですが、顔を出していても特に冷たい!と思いませんでした。
強風はフードでよけれました。

独標直下の岩場は慎重に。雪がついているので登りは夏道より楽?でした。
ピッケルが十分役目を果たしたと思います。
結局誰もおらず、トップバッターで独標。貸切でした。
岩場の下りはさらに慎重に。
下りでようやく男性一人に会いました。

真っ白なライチョウ4羽?(匹?)に会いました。
実はライチョウ見たの初めて。
初ライチョウはホントに真っ白。しかも空に飛び立って行きました!
2時には小屋へ到着し、1時間も西穂山荘でまったりしました。

次はピラミッドまでは行けるね!と二人で確認し合いました。
(今回は、休み休み写真撮りながらでしたので)


他写真はこちらで。



西穂独標ライチョウ



00:52  |  ::: 山系  |  コメント(2)

2012.11.16 (Fri)

▲奥丸山の手前




先日、奥丸山の手前2200m付近の稜線まで登ってきました。
想定してたより、ずっと早くに雪登場。(笑)
新穂高温泉・左俣林道に入るとすぐに出てきたって感じ。




空気が冷たくて


紅葉の中に白く薄化粧した笠ガ岳、錫杖岳が素晴らしくて


思った以上に急登で


楽々ハイクのつもりだったのですが、思わぬ本気度アップ。(笑)





一緒に行きたかった人と行きました。
時間は流れるのですが、時々止まったようにも。

ほとんど誰もいなくて、日頃ない空気に包まれたと思います。



いい思い出です。

またいつか一緒に行けたらいいです。






明日から県連の労山まつり@湯涌。

本会担当。懇親会では司会やります。
めちゃくちゃになりそう。

ま、愛嬌で許してもらいます。(笑)










17:45  |  ::: 山系  |  コメント(2)

2012.10.16 (Tue)

▲槍ヶ岳日帰り2012



10月8日、連休最終日に槍ヶ岳へ。初槍。



槍ヶ岳(3,180m)10月08日(祝)岐阜白出沢コース(白出沢~飛騨乗越~槍ヶ岳)
快晴 3名 

新穂高温泉ゲート(4:40)-穂高平小屋(5:15)-白出沢(6:00/休)-滝谷(7:00)-槍平小屋(8:00/休)-飛騨乗越(11:00/休)-槍ヶ岳山荘(11:20・休)-槍ヶ岳(11:50)
槍ヶ岳山荘(13:20)-槍平小屋(15:20)-白出沢(16:40)-新穂高温泉ゲート(17:50)


新穂(1時間20分)白出沢(2時間)槍平小屋(3時間)飛騨乗越(10分)槍ヶ岳山荘
槍ヶ岳山荘(20分)山頂(15分)槍ヶ岳山荘
槍ヶ岳山荘(2時間)槍平小屋(1時間20分)白出沢(50分/ショートカットなし)新穂


登り:約7時間
下り:約5時間


そもそもランナー男性陣、早っ!久々にまたヘタレました。(;_;)
あ、ザックの中身重さは、ふつーに登山者でした。トレランではありませんから~


感想書きたいけど後で…。(←このセリフは、もう、信じてもらえないかも)






10月14日(日)は、小松市の鞍掛山へ鍋山行へ行きました。
土鍋背負ってえっちらおっちら。
皆さんに喜んでもらえました。

しかし、想像以上に急登りで、しっかり山でした~。登り1時間と聞いていたので甘く見てた。(>_<)
360度、白山もバッチリの展望の山でした。
小松市民の愛すべき日常山という理由が分かりました。






09:28  |  ::: 山系  |  コメント(4)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。