2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.05.27 (Fri)

親子白山登山




北陸朝日放送(HAB)主催。
初白山クリーン登山でお世話になった↑カメラマンM氏から、応募のご連絡を頂戴しました。

Mさんは、うちの長男が5歳、小学生の頃?と数回、白山では非常~に面倒をみてもらいました。
秋、初雪にあったこと、室堂ビジターセンターで凍えたこと等など。
長男はよく覚えています。



平日ですけど夏休み。
子どもは夏休みですけど、親には平日。


なかなか迷うところです。
でも、白山は昨年一度も登れなかったので、今年は是非いきたいなぁ~。



皆さん、応募してくださいませ。




スポンサーサイト
06:47  |  ::: 山系  |  コメント(0)

2011.05.14 (Sat)

グリーンが眩しい



笈ヶ岳、妙義の山行をあげました。


---

昨夜、急なことでしたが「岳」を見てきました。
言わずと、山岳救助の内容でした。


今年はもう少しロープワークまともになりたい…。
まだまだビギナーの域を抜けてません。
映画は良い刺激になりました。


映画の前に、山中@富士写ヶ岳のシャクナゲの話になり、もうそんな季節か~と。
山は変わらないですが、花草木の成長は待ってくれないのですね~。


新緑のブナを見逃さないようにしたいものです。










13:35  |  ::: 諸々雑記  |  コメント(0)

2011.05.06 (Fri)

▲妙義山(中間道)




2011年5月4日、群馬県の妙義山(中間道)を2時間半ハイク。

当日朝、子どもに振られ、父(は登らず)、夫、私の3人。(以前の赤城山のメンバー)

父が急に行くことになったので、過去最高の遅出となり、登山スタート午後12時半。
下山時刻の間違いじゃないか?と言われそうですが、ま、このコースですので許されるでしょうか…?。

とは言え、噂の通りの妙義中間道。
思っていたよりもルンルンハイクではなかったですが、爽やかなグリーンハイクを楽しめました。



           



△第2見晴らし台



△関越より谷川連峰。昨年GW長男と登ったな~と。今年は行くぞ~





新潟帰省の3日間。
子連れ山菜採り、田仕事、披露宴、山登りと、本当に充実した休日でした。
満足すると後に引かないもんですね。

遊んで充電した分、今月気持ちよく頑張れそうです。


06:35  |  ::: 山系  |  コメント(0)

2011.05.02 (Mon)

▲笈ヶ岳@2011GW


△シリタカ山北面より笈ヶ岳


△吹き飛ばされそうな稜線でした。



     
   
*カメラを忘れて、画像はいただいたものです。

2011年4月30日、笈ヶ岳▲1841,4m、会山行、5名
曇り~雷雨(時々アラレ)
中宮展示場P(5:30)-野猿広場(ジライ谷)-冬瓜山-シリタカ山-笈ヶ岳(12:00)-P(19:30)
11時間の予定が、14時間




白山スーパー林道料金所手前、中宮展示場に駐車。
Pの9割は県外ナンバーで、駐車できず雪のある路肩に。
さすが、GWに登る山として名の知れる200名山だな~と思いました。

ジライ谷を渡渉して始まる急登。なかなか。
(と思いつつ、猫又、大猫山行のしょっぱなの急登のほうが辛かった。)
登りきると、先方にはたくさんのハイカーが列を連ねていました。

冬瓜ナイフリッジで少々緊張。間違ったらやはり、さよなら~です。
左手に笈を見ながらシリタカへ。
広大な山頂。曇りながらも360度の視界が開け、山にいる実感を得ました。

笈への稜線上で、一人膝痛のため登頂断念。彼はツエルトで待つことに。
強風だったため、這松内でもかなり冷えたとのこと。



登頂正午。5分滞在ですぐに下山。

雲行きがかなり怪しくなってきて、急ぎたいところでしたが
とにかく膝痛さんに合わせたペースでゆっくりゆっくり。

シリタカ手前で上空ゴロゴロ。その後、白山方面でピカ。雷雨にアラレ。
あ~、春山だな~と針ノ木を思い出し…。(あれもひどかった)

冬瓜平との分岐付近で、樹林帯(冬瓜平)に入るか稜線を行くかで迷いましたが、
(本来なら稜線は避けたいところ)
様々な理由で冬瓜平へのトラバースは中止しました。

雷が頭上にこないことを祈るのみ。


雷雨は去り、ブナオ山への分岐付近でアップダウンも終了し、後は下りオンリー。
膝痛さんは本当に痛そうで、声をかけるのも悪い気がして。
1歩踏み出す激痛、凄くよくわかります。

ともあれ、やはり下るのみ。
膝痛さんがとても頑張ってくれて、暗い雰囲気はなく、明るく歩き続けられました。
こちらの方が膝痛さんの頑張りと心遣いに感謝。

途中、対岸の沢上部で雪崩が発生。遠く離れているのに、ものすごい轟音。
雨で緩んだのか、その後近辺で何度も雪崩が起きていました。本当にすごい音と迫力でした。



中宮展示場Pに19:30。
ここでヘッデン登場となりました。


---

今回、また春山の試練?を体感しました。
いろいろありましたが、久々のロングコースは本当に楽しかったです。
機会があれば、今度は笈~大笠へ出かけてみたいです。





17:26  |  ::: 山系  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。