2012年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.28 (Wed)

▲野伏ヶ岳 2012




2012.3.25 岐阜@石徹白(いとしろ)から野伏ヶ岳。

山頂、-5度、ホワイトアウト、吹雪。

私的にはダイレクト尾根より、そこに取りつくまでのラッセルが苦し楽しかったかな。(^-^)

「今日は苦行の一言に尽きる!」と言いつつ、笑って終わったメンバー。…もの好き?(笑)



勿論、好天時にリベンジです。

あの絶景を見なくっちゃ!!



後日記事入れますが、写真のみこちらにアップしました。





スポンサーサイト
22:47  |  ::: 山系  |  コメント(9)

2012.03.09 (Fri)

▲小佐波御前山2012

  



小佐波御前山(おざなみごぜんやま)
富山県 754m
3/4日(日)晴曇 新入会員さん歓迎山行&会山行6名 


猿倉山スキー場(9:30)-猿倉風の城(9:50)-御前山(11:00)-小佐波御前山(12:15)-展望地点(12:30)
展望地点(13:30)-猿倉山スキー場(15:15)




新入会員さん歓迎山行で富山の低山へ。

小佐波御前山は、剱・立山の展望山です。
金沢でいうところの医王山感覚らしく、富山の方にはかなりメジャーな山のようです。
この日はちょっと霞みがかっていましたが、それでも毛勝~剱・立山、五箇山方面の山々が見えて、お~!でした。

私は先日の読図を復習しながら登ったので、
立ち止まっては地図確認→(がーっと登る)→立ち止まっては地図確認→(がーっと登る)…。
こんな繰り返しでした。
一か所どうしても、未確認地点が。分からずじまいです。

山頂三角点を通り過ぎて、剱・立山展望地点まで行きお昼。
Yさんのトン汁で温まり、お汁粉も食べてお腹いっぱいになりました。

読図、山頂クッキングにワイワイとハイク。
ゆるりではありましたが、それなりに歩いたな~という思いです。


下山後は楽今日館にて入浴。
とてもすべすべの泉質で、まさに温泉という感じでした。おススメ♪
そうそう、ここ、入浴しながら御前山(多分)までの歩いた稜線が確認できます。ちょっと感動。
先日の日野山も、下山後、麓からレアに歩いたコースが確認できました。これって嬉しいです。



今回も良い会山行でした。


春山ですね。









23:56  |  ::: 山系  |  コメント(2)

2012.03.07 (Wed)

春山フツフツ





2009針ノ木雪渓ヤマクボ沢。急登。落石少々。

登り甲斐ありました。


数少ない山行経験の中でも、後立山エリアは落ち着いた感じで好きです。
目の前のスバリ岳がめちゃくちゃカッコ良かった。




春山って残雪も良いけど、里山の春も良いんですよね。

雪が溶けたばかりの地面から、力強く芽を出す植物を見つけると、つい見入ってしまう。
本当に自然の強さを感じます。


そういえば、未だ福寿草を見たことがありません。(珍しいらしい)

何年同じことを言ってるんだろう?



今年こそは!

(とやっぱり言ってみる。笑)



 





21:30  |  ::: 諸々雑記  |  コメント(5)

2012.03.04 (Sun)

逢いたい




出会った時から、ずっと好きです。




本日、新入会員歓迎山行として小佐波御前山(富山)。ツルギ立山の大展望。
もう、そっと春山でした。


春山へ行きましょう!




「逢いたい」 松田直樹メモリアルゲーム セレモニーイベント

歌声、更に心に響きます。(;_;)











23:03  |  ::: 諸々雑記  |  コメント(0)

2012.03.03 (Sat)

東北支援




新潟実家、中越地震、昨年の北長野地震で影響を受けました。
父は退職しましたが、東電社員でした。
(東電に関しては複雑な思いです。どんなにたたかれても下の社員は一生懸命働いています。)

いろんな思いから、夏に石巻、女川、雄勝町等へ行き(山岳会のボランティア支援隊として)
それを機に、現在東北支援のグループに所属しています。


本日はその活動のお手伝い。チビを連れて行ってきました。


最近、TV・新聞記者等メディア関係者とお会いする機会が多いです。
やはり実際東北へ足を運んで取材している方々。
風評被害、実際の東北の方々の想い、メディアで報道されない事実など伺うことができます。

来週3.11は、どこも追悼イベントだらけでしょう。



その後が大事…と言われています。
東北の方々は、忘れられるのが一番怖い、悲しいと。


小さなことでいいので、息の長い、顔の見える支援を。




写真は岩手の仮設住宅で暮らす女性から。
ハンドメイドのお菓子です。
大変でしょうに。気持ちが嬉しいです。


素朴な甘味がとても美味しかった。









23:40  |  ::: 諸々雑記  |  コメント(2)

2012.03.02 (Fri)

▲日野山 2012



2月26日(日)福井県武生の日野山 795M 雪曇り 2名 荒谷~

荒谷(7:30)-藪尾根-山頂(11:00)
山頂(12:30)-荒谷・西谷コース-支尾根-日野神社(16:00前)





今回は、一般ルートを外れて130mの標高から尾根を登り、読図練習しながら山頂を目指す山行です。

いつも人の後をついていく山行が多い自分。
これでは…『♪いつまでたっても、ダメな私ね~…。』です。
ということで、初読図メイン山行。


計画は、登り/藪尾根直登、下山/素直に荒谷コースを下る、そんな予定。
でも、ただ下るのはやっぱりつまらない、もったいない、支尾根を探す下りが大事!と。
そこで、急遽西谷コース途中から日野神社にのびる支尾根を探し、下山することになりました。

本来、計画を変更するのは…なのですが、この日は某講師も務めるFさんがご一緒。
大丈夫、問題なし。

早朝の金沢は雨。高速も結構な強風。
寒気も入ってくるということで、天気を少々心配しながら金沢-武生、高速約1時間で着。(こんなに近かったんだ)
武生ICから登山口もあっという間で、15分くらい?(早)



---

7:30日野神社発。林道2カーブ目にてワカン装着、地図コンパスを教えてもらって、目標地点セット後スタート。
重くてベタ雪。ズボッ!ズボッ!
こんな雪状態の登りはあまり経験がなく、いきなり苦しい~。
それなりの急登もあり、登ることに必死で、途中から地図コン練習など何所へやら…。

標高が少し高くなると、更にモナカ雪?化。歩きにくい~。
運動不足で一気に足にきました。勿論Fさんは余裕です。

標高500M以上では雪がしまってきてガチ。北風が冷たく、低山でもしっかりとした冬山でした。
それでも余裕のある時は、山の話をしていと楽し。低山歩きは景色も堪能しながら楽しくないと。


ほどなくして荒谷コースへポン。それからは結構ガチガチトレースのある急登を登りきって山頂へ。

日野山は2回目です。山頂風景を確かめながらとりあえず奥の三角点まで。この天気、誰もいません。(笑)
戻り、山小屋で昼食。山小屋は人で混雑していると思ったら、やはりこの天気?数名でした。



---

12時半過ぎに下山開始。ノーワカンつぼ足。荒谷分岐点までは話しをしながらスムーズに。

読図の楽しみはこの先です。下りたい支尾根を探す楽しみ。
Fさんにいろいろ教えてもらいながら進みました。
支尾根、谷、支尾根…何本目の支尾根を下りる?現在地からの距離、時間的なものは?
鉄塔がここにあるね?ピーク何個目?エトセトラ。
地形、周辺、地図を見比べながら目的とする支尾根を探し出します。

目安となる登山道が変わっていたり、新たに鉄塔が建っていたりでアレレ?
山では現地で初めて得られる情報も多々ですね。
完全に計画より下山が遅延するので、ここで留守宅様にメールを入れました。(留守宅様、県連総会中)

で、多分ここだろう、という目ぼしい支尾根を探して下り始めました。
明確なものになれば、後は下り一辺倒。淡々と下りました。

淡々尾根下山中、天気回復傾向。今頃…。(^_^;)


16:00前、日野神社着。楽しかった1日が終了。


---

早々に下山予定だった当初の計画。終わってみればそれなりに1日しっかりハイクしました。
本当にロストしたなら笑ってる余裕はないのでしょうが、
今回は、読図山行のさわりとしては、非常に楽しく勉強になりました。
またやりたい!忘れないうちに直ぐ復習したい!…という気持ちが芽生えた事が大事です。
山の基本を一つ一つ積み重ねて、少しずつ自信をつけていきたいな、と思います。



予定外に長くお付き合いいただいたFさん、本当にありがとうございました。
また宜しくお願いします!





久しぶりに私なりの長文山行記録。
いつまでたっても山ヤ風に書けません。orz…。





*私の写る画像は、全てFさんより。

    

   

 
21:05  |  ::: 山系  |  コメント(6)

2012.03.01 (Thu)

山チラシ

アップがすっかり遅くなりました。(>_<)
(H様、ごめんなさい)




藪の楽しさを教えてくれ、今の会に導いてくれた師匠のフライヤー。部分的に師匠とデザインコラボ。

ご興味のある方は是非!
師匠の山行は、どれも必ず満足感・充実感が得られると思います。
ロングルート覚悟?(笑)

> 北陸アルパインサービス








県連チラシ。いつもと違って、今回は冬山ビギナーに加え、女性もターゲットにしたつもりです。
来たれ山ガール! *ママにも来てほしい。m(__)m

…って、今更…。もう春です。


その春バージョンですが、更に山ガを意識したものになる予定です。
なんと、めっこ山岳会の某素敵なM氏がキャッチを考えてくれました。ありがたや。

M氏のキャッチ、私は大ウケしました。ここまで言っちゃって良いのですかぁ?!って。(笑)
大先輩のM氏の考案ですから、ある意味お墨付きでしょう。



山のフライヤー制作って、ほんと楽しいな。WEBも。

やっぱり山が好き。







*今夜は例会でした。次こそ日野山。



23:34  |  ::: 諸々雑記  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。